Firebase functions で定期実行する際のTimezone(tz database)を東京(日本)に指定する方法

時間(地球)
Firebase functionsの定期実行(関数のスケジュール設定)で日時指定する際に、tz databaseを利用します。その際に東京(日本)の場合の記載方法を調べました。 答えは次の通り。
Asia/Tokyo
なので、Firebase functionのpubsubページ内にあるサンプルコードで日時指定する際は次のようなコードになります。
exports.scheduledFunctionCrontab = functions.pubsub.schedule('5 11 * * *')
  .timeZone('Asia/Tokyo') // Users can choose timezone - default is America/Los_Angeles
  .onRun((context) => {
  console.log('This will be run every day at 11:05 AM Eastern!');
  return null;
});
以下参考ページ:
https://firebase.google.com/docs/functions/schedule-functions?hl=ja
https://ja.wikipedia.org/wiki/Tz_database

コメントを残す

*