慶應通信でも使えるおすすめの学割サービス

社会人学生
こんにちは、今回は慶應通信在籍者向けに学割が使えたサービスを紹介します。


前提として

まず、学割を申請するポイントは、自分が大学生である身分を証明する必要があります。そのため、学生証の両面の写真を無理にでも送りつけることが重要だと考えます。

というのも、通信生の場合、大学側が付与したメールアドレスを所有していないので、原則ルートは使えません。つまり、通常は「慶應義塾大学」と入力したら大抵自動的に「慶応ドメインのメールアドレスくれ」と言ってきます。しかし、残念ながら通信生はそれはできないので、「慶應義塾大学通信教育課程」や「Keio university correspondence course」等を記入することによって、例外ルート(メールアドレスの入力を避ける)を無理矢理作成し、ご自身が学生であることを証明する必要があります。 その際に「学生証の両面」をスマホ等で写真で取って送る必要があります。
なぜ両面かというと、前面はご自身の個人情報、背面は本年が学生であることを証明することができるからです。おそらく大抵のサービスは両面を要求してくるものかと思いますし、現に多くのサービスでは要求してきました。

大抵の場合は上記手法でご自身が(通信制)大学生であることを証明することができますが、それでもダメだった場合は、そもそも通信制であることが駄目である可能性が高いです。その場合は諦めがつくかと思います。ただ、そこらへんはサポートチームや担当者とちゃんとメールなり問い合わせ(重要!)、確認・納得されたほうが良いかと思います。

管理人は上記方法を行った上で、大学生向けの学割に却下された経験はないと記憶しています。以下は管理人がおすすめする学割が効くサービスです。


AmazonのPrime Student

年会費2,450円(税込)です。
管理人はPrime studentに加入しています。
https://amzn.to/3hbXFOI

Amazonの書籍割り

以前は本一冊で購入しても10%ポイントバックだったのが、現在は三冊以上じゃないダメになりました(´・ω・`)
あとチェックアウト時に「STUBOOK」と入力ください。
https://amzn.to/3kNIyNN

YouTube Premium

一ヶ月680円。管理人は学割で加入しています。
それ以前はApple musicに加入していましたが、YouTube Premiumのほうがメリット高いため、乗り移りました。
具体的には、Youtube Premiumに加入するとYouTubeの広告がすべて消えるだけではなく、Youtube musicやGoogle Play musicの有料会員資格も同時に付与され、Apple musicの必要性がまったくなくなります。
ただし、加入者一人だけができ、家族全員に適応できるわけではないです。
https://support.google.com/youtube/answer/9158808?hl=ja

GitHub Student Developer Pack

Github Student Developer Packでは、Githubの課金バージョンが無料になるだけではなく、他にも様々な企業の製品が学割料金、もしくは無料で試せます。
個人的なおすすめは、開発者ならJETBRAINS製品が一年無料になるところです。 https://education.github.com/pack

Apple製品の学割

私は結構Apple製品を使っているのですが、Apple製品の学割の割引率は大体10%行かないぐらいです。
もし買い替えを予定してるなら、2月とか3月あたりがおすすめで、製品によってギフト券カードがもらえるキャンペーンが毎年あったりします。
私も以前iMac購入した際は、18000円分のギフトカードをいただきました。 https://www.apple.com/jp/mac/gakusei/

Adobe製品の学割

https://www.adobe.com/jp/creativecloud/buy/students.html

Nikeの学割(10%)

https://www.nike.com/jp/ja_jp/c/help/student-discount
ただし、誕生日月なら20%らしい

映画(東宝シネマ)の大学生料金

https://www.tohotheater.jp/theater/076/price.html

コメントを残す

*